症状を知っておこう

女性

腎臓は血液を綺麗にして、尿を作る役割をしてくれます。また、赤血球ホルモンを生成する役割もありますので、とても大切な臓器です。そんな腎臓が病気に侵されてしまうと、身体が機能しなくなってしまいますので腎臓病にならないようにしっかりと保護をしていた方が良いです。自分が腎臓病ではないか不安になっている方は症状を確認しましょう。症状を知ることが出来ると今、自分がどういう行動をすべきなのか知ることが出来ます。もしも、腎臓病だった場合すぐに医療機関へ行き治療を受けられるでしょう。

タンパク質の多い尿は腎臓病の確立が高いです。タンパク質が多い尿は泡立つ、濁るといった症状があります。運動時に泡立つことがありますが、それは一時的ですので問題ないです。もしも、運動時以外、頻繁に泡立つことがあれば腎臓病を疑った方が良いです。また、このような症状以外にも血尿が出る場合があります。血尿は赤血球と尿が混合して排泄されることで起こります。膀胱炎や腎盂腎炎になった場合もこの血尿は良く見られます。また、大きな病気で言うと、腎臓がんの可能性も考えられます。血尿以外にも腎臓に痛みやしこりなどがあると感じる方は、腎臓がSOSサインを出していると思っていた方が良いでしょう。このような症状がある方は、早急に診察をしてもらった方が良いです。

様々な症状が表れると腎臓は大きな負担を抱えている可能性が考えられます。尿の様子は毎日チェックをしていた方が良いです。少しでも異変を感じた場合はすぐに医療機関へ行き、医師の診察を受けましょう。薬を処方してもらったり、食事療法をしてもらえます。