激しいめまいを伴う病気

女性

ストレスの影響

メニエール病とは、内耳を満たしているリンパ液が過剰になることにより、様々な症状が起こる病気のことを言います。なぜリンパ液が過剰な状態になってしまうのかは、分かってはいません。メニエール病とは、先進国に発症者数が多いということもあり、発症にはストレスが多少なりとも影響を与えていると考えられています。「メニエール病とは」というワードで調べた場合、症状としてめまいや吐き気、耳鳴り、難聴などがあります。繰り返されるめまいの頻度は、個人差があります。また、めまいの継続時間にも違いがありますが、激しいめまいが30分から数時間続くこともあります。最近は、インターネットで簡単に情報を集めることができ、広く知られるようになりました。

完治は難しい

メニエール病とは、難病に指定されている病気です。そのため、完全に治すことが出来ない病気でもあります。治療は、症状を軽くするために行われる対処療法が主なものになります。内服薬を使用することにより、めまいの回数を減らすことが出来たり、症状を軽減させることは出来ますが、難聴に関しては薬では防ぎきれないのが現状としてあります。頻繁にめまいが起こり、日常生活や仕事を行うことが出来ないなどの支障をきたす場合や難聴の進行が早いという場合には手術が行うこともあります。今後は、完治を目指すことが出来るような原因の追求、治療法の確立が待たれます。ストレス社会とも言われる現代において、メニエール病を発症する人は多くなると考えられます。